スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

和風

まとめ更新4 松前漬

我が家でお正月といえば、お雑煮についで欠かせないのが松前漬です。
そのままでももちろんですが、焼き餅に載せて食べるのもおつなものです。
最近は、スーパーで、いかと昆布があらかじめ細かく切った状態で売られています。
私的には、昆布はもう少々粗い方が好みですが、なんといってもこの手軽さには負けてしまいます。
みりん:酒を1:3の配分で合わせて、アルコールを飛ばすように火にかけます。
イカと昆布は、20~30秒程水に浸して柔らかく戻します。
水を切ったいか昆布に、人参の千切りを合わせて、冷ましたみりん酒に漬けます。
適量の醤油を加えてよく混ぜます。
数の子は、食べる時にくわえた方が色合いがよく、味も数の子らしさが残って良です。
松前漬材料

この粘りが美味さの証明です。
松前漬完成

人気blogランキング ← お気に召したら押して下さい

ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

テーマ : 自作料理
ジャンル : グルメ

tag : 松前漬

和風

まとめ更新3 スルメイカの塩辛

食卓に何も無い時や、朝食時食欲のない時、あると重宝するのが塩辛です。
今回は、旬のするめイカの塩辛です。
刺身用のするめイカが特売だったので、早速購入して、塩辛にします。
作業は実に簡単です。
買ってきたイカの袋に指を入れて、肝と身のつながりを外して、づるると引きずり出します。
キッチンペーパー等で水気を取りながら、表面の薄皮を剥き取ります。
ぷりぷりの肝を肝袋から搾り出して。身と混ぜ合わせて、塩を15gほどくわえます。
知人から、イカ墨を入れるとコクが出て美味しくなるという情報をいただいたので、今回はイカ墨も一緒に入れてみました。
充分混ぜ合わせて、2~3日ほど朝晩混ぜ合わせて、味がなじんできたところで食べ頃となります。
イカ塩辛01

イカ墨が濃厚なコクを演出して、市販の澄まし顔の八方美人系塩辛とは全く違った路線の、まさにお金では買えない絶品塩辛でした。

人気blogランキング ← お気に召したら押して下さい

ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 酒の肴
ジャンル : グルメ

tag : イカの塩辛

鍋物

まとめ更新2 海鮮寄せ鍋

冬といえば鍋。そんなの当たり前(笑)
週一ぐらいの割合で様々な鍋を作って食卓を賑わせています。
本日は、お取り寄せの蟹を中心の、海鮮寄せ鍋です。
きちんと出汁をとれば、そのまま美味しさに直結するので、出汁とりはおろそかにはできません。
利尻昆布を水の状態で、3時間つけておいた後、点火して沸騰寸前に取り去ります。
鍋その1

具材は、ずわい蟹爪下、あさり、たらすり身、ホタテ剥き身、ぶり薄切り、ハクサイ、ねぎ、ヒラタケ、マイタケ、ミズ菜、シラタキ、生クズキリ、豆腐、鶏腿肉です。
鍋その2

昆布でとった出汁汁に、醤油:酒:みりんを1:1:1で味付けします。
鍋その3

これに、美味しい日本酒をつけて、日本に生まれた幸せを堪能します。
鍋その4


人気blogランキング ← お気に召したら押して下さい

ブログランキング・にほんブログ村へ

焼き物

まとめ更新1 ローストチキン

クリスマス前の予行演習です。
薩摩地鶏の骨付きモモ肉をローストチキンにしてみました。
鶏腿01

味付けは、下味に塩胡椒をして、醤油・味醂の付汁に30分ほど漬けて置きました。
薩摩地鶏は、一般の鶏と比較すると、1.5倍くらいあるのではないかと思えるサイズです。
セオリー通り、骨に沿って切り込みを入れましたが、火の通りは相当悪そうです。
250℃で20分、その後120度にして30分ほど火を入れます。
鶏腿02

結果は、見た目実にいい色だったのですが、中まで火が通っていませんでした(泣き)
この位のサイズでは、もう少々低めの温度で永い時間を掛けないと、中まで火が通らないようです。
さらに加熱すること30分で、調理完了です。
味は、・・・・・聞くまでも無く、美味いに決まってます。

人気blogランキング ← お気に召したら押して下さい


ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 自作料理
ジャンル : グルメ

プロフィール

怪しい調理人

  • Author:怪しい調理人
  • B級グルメの世界へようこそ!
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
参考エリア
.co.jp ウィジェット
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。