スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

焼き物

つぶ貝のジェノバ焼き&豚もつのホルモン焼き

今日は仲間と連れだって夜桜を見に出かけます。
各人少しづつ肴を持ち寄っての花見です。
花見肴

私は冷凍つぶ貝を白ワインの酒蒸しにしてジェノバ焼きにしたものと豚もつのホルモン焼きを用意します。
ジェノベソース
ジェノバ焼きはジェノベーゼを塗して焼くのですが、今回はちょっとこってり感を出したいので、バターも加えて、エスカルゴソース風に仕上げます。
バジル・松の実・にんにく・オリーブ油をミキサーしてペースト状にしたあと、室温で柔らかくしておいた無塩バターを加えて、塩胡椒で味付けします。
つぶ貝ジェノベ
つぶ貝は冷凍むき身で売っていたものを、白ワインの酒蒸しにします。
身を半分に切って皿に並べて、ジェノベーゼを塗してオーブンで15分、バジルとニンニクの食欲をそそる香りが充満しています。
パルメザンチーズを入れ忘れましたが、もう手遅れです。
豚もつ
ホルモンは、生豚もつをゆがいてアク取りします。
タレは味噌ベースでにんにく一かけすりおろしと刻みねぎをたっぷり入れて、七味唐辛子・三温糖、日本酒・ミリン・醤油を加えます。
ゴマ油を合わせて混ぜ合わせます。
ホルモン焼き
あらかじめアク取りしておいた豚もつにタレを絡めて1時間程漬けおきます。
この間につぶ貝を調理して、網で焼いて完成です。
それでは、花見にしゅっぱ~つ。

以下、面白いと思ったらひと押ししてくださいm(__)m


人気blogランキング ← お気に召したら押して下さい

ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

テーマ : 酒の肴
ジャンル : グルメ

お取り寄せグルメ

六厘舎のつけ麺

六厘舎つけ麺
長かった~。ようやく六厘舎のつけ麺にありつけます。
注文したのは昨年の11月19日ですから、なんと4カ月以上が経過しての入荷です。
一時注文したことが忘却の彼方に捨て置かれてしまっていました。
つけ麺梱包
あまり期待が大きいと、得てして裏切られるので、過度の期待は禁物ですが、スープの濃度といい、うどんのような太麺の存在感といい、やはり期待してしまいます。
梱包を解くと、通常のネット通販に入っている説明書と比べてかなり気合の入った説明書がのっていました。
セット内容
内容は、麺(250g)スープ(チャーシュー、メンマ入:270g)に海苔筏用の海苔と魚粉の4点で、3人分が1購入ロットになっています。
作り方は、ショップ系のラーメン通販の通例通り、凍ったスープを湯煎しながら、冷凍のままの麺をゆで上げるタイプです。
これだけの太麺を冷凍状態から茹でるので、きっちり14分茹でました。
冷水で締めながらぬめりを落として出来上がりです。
魚粉の量はおそらく店舗で盛りつけている量よりもかなり多いのではないかと思います。
海苔筏に乗る量だけを取り分けると添付の半分にも満たない量しか載りません。
後の分は食べ進める都度溶き入れるので、魚介風味が継続して楽しめます。
実食したら予想以上に美味しかったです。
リピータになろうにも、このリードタイムでは、食べたい時に・・・という訳にはいきませんね。
人気店ゆえの悩みでしょうか。
ともあれ、美味しい思いをさせていただき、ありがとうございました。

以下、面白いと思ったらひと押ししてくださいm(__)m


人気blogランキング ← お気に召したら押して下さい

ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

プロフィール

怪しい調理人

  • Author:怪しい調理人
  • B級グルメの世界へようこそ!
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
参考エリア
.co.jp ウィジェット
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。